iPhoneXと連携可能なアップル端末

バナー

iPhoneXと連携可能なアップル端末

スマートフォンの登場によっていつでもどこでも気軽にインターネット接続ができるようになったことやクラウドサービスが拡大したことによってビジネスのあり方さえも大きく進化することとなりました。

会社のパソコンで書きかけ・読みかけだったドキュメントファイルをクラウドに保存しておくことで移動中の電車の中などでスマートフォンを取り出してクラウドにアクセスすることで、ドキュメントファイルの編集や閲覧の続きを簡単に行うことができるのです。


従来の携帯電話はパソコンなどと接続することは殆どありませんでしたが、スマートフォンはパソコンやその他の機器と簡単に接続が可能ですし、接続することによってより高い利便性を発揮できるのです。


若い人を中心にあらゆる人から支持されているiPhoneXは特に他のデバイスとの連携がしやすいスマートフォンだといえます。iPhoneXを開発・販売しているアップルはもともとはパソコンの会社であるためデバイス同士の連携は最大の強みの一つなのです。

例えばMacとiPhoneXを連携させた場合、MacでiPhoneXのバックアップを取るなどのデータ管理ができることはもちろん、メールや着信の表示、そして電話を受けることも可能となっているのです。



またiPod touchやiPadともプリインストールさせているメッセージアプリやフェイスタイムというビデオチャットができるアプリを使って顔を見ながらの通話が可能となっています。

iPhoneXでは様々な作業ができますが、メールを書いたり、テキストを作成する場合は、ほとんどの方はフリック入力や、キーボードを使って入力しているのではないでしょうか。もちろんiPhoneXのフリック入力や、キーボード入力は、非常に考えられていて、スピーディーに文章作成することができるようになっていますが、音声入力もスピーディーに文章作成することができるツールになっています。



使い方も非常に簡単で、設定した後はいつでも呼び出して音声入力を使うことができます。



とりあえず設定する場合は、設定、一般、Siriに行き、Siriをオンにします。


これで簡単に音声入力が、できるようになりました。

そうするとキーボードの下のほうにマイクのような形のマークがあるのがわかると思います。

このマークを押して、iPhoneXに向かって話しかけることで、文字の入力が可能になります。
実際に喋ってみると、リアルタイムでテキストが作られるので、非常に速いスピードで文章を作成することができます。

音声入力で文章ができたら、完了を押して終わりとなります。たまに喋り方次第で、間違ったテキストが入力されますが、最後に作成した文章を読む時に、修正していくようにする良いでしょう。


慣れると速く文章が作れるので、1度は試してみたほうが良いでしょう。

コツとしては、はっきりと喋る事で正確な文章が作成することができるでしょう。

今後もiPhoneXの進化に従い、音声入力機能もますます使いやすくなってくるでしょう。