音楽専門学校で目指す将来とは

音楽専門学校と聞いて、みなさんは卒業後のイメージをどのようにお持ちでしょうか。

プロのアーティストやミュージシャンを目指して切磋琢磨する場所、という印象を音楽専門学校に対して持つ人が多いかもしれません。確かに、メジャーデビューを目指して在学中に同級生としのぎを削り、オーディションに臨んで夢が叶う人も、そうでない人もいる厳しい世界なのは事実ですが、音楽専門学校の卒業後の進路はそれだけではありません。例えば、アーティストをサポートする仕事がしたくて、ライブハウスのスタッフになったりイベント会社に就職したりする人もたくさんいます。

楽器をいじるのが好きで楽器店に勤める人もいれば、音響機器に精通した知識を活かしてTV局に入る人もいるのです。また、音楽業界は上下関係や礼儀に厳しい世界ですから、在学中はどの学生も社会人としてのマナーや言葉遣いを徹底的に身に付けさせられます。だから、夢破れて業界に入る道を絶たれたとしても、一般企業の面接などでも普通の大学を出た学生と対等に戦えますし、学校によっては民間への就職をサポートする体制も整っています。

このように、音楽専門学校の出口はプロやデビューを目指すという、一本道では決してありません。音楽という分野の中で活躍したいという共通項こそあれど、目指す道は人それぞれです。華やかで、時には派手なイメージを持っている人が多いかもしれませんが、こうした音楽専門学校の現実をよく知ってもらいたいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *