音楽専門学校で学ぶ必要性

音楽専門学校とは、主にエンターテイメントや芸能などの音楽ビジネスに携わることを前提とした専門学校です。

プレイヤーとしては歌やダンス、楽器の演奏などの受講はどちらかというとジャズやライトミュージック系が多く、クラシック系のものは少ない様です。クリエイターとして作曲や編曲などの理論や技術を学んだりし、エンジニアとして舞台やレコーディング部門では主に照明や音響の知識や機器操作などの技術を学びます。また、クラフトマンとして楽器の製作や調整、メンテナンスなどを学び、実習する部門などがあります。

このような音楽専門学校の多くは、個人的な演奏力の向上を目指すというよりは、社会の中で音楽を業とする人の為により高度な専門知識と技術を習得させ、活躍せしめることを目的としており、コマーシャルなどの商業音楽やゲーム音楽なども含めたより生活に密接に関わっている現代音楽社会に優れた人材を輩出しています。一方で、数多くはありませんが、純粋に声楽や器楽の為の音楽専門学校もあります。

こちらは専ら歌唱力や演奏力の向上を指導し、優れた歌手や演奏者を育てることを目的としています。クラシック音楽が主となりますが、現在はより幅広く音楽の専門家としてオーケストラ等の演奏活動や更なる演奏家育成の為の教師や講師を育成し輩出しています。音楽に携わって生きて行くという選択を考える人は年々増加の傾向にあります。要求されるレベルは非常に高度なものとなっており、より豊かな音楽環境と専門教育が求められています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *